モデルウオーキングスクールINNOCENT主宰宮川真衣の日記


by innocent-non
カレンダー

2009年 10月 17日 ( 1 )


今日のレッスンはモデル達のお洋服が秋仕様になり

見事なまでに今年のトレンドが勢ぞろい?!

ファッションの秋♪皆がとてもキレイに見えました(^-^)/

ミニスカートにタイツ・レギンス・トレンカにエトセトラブーツ♪

ニーハイやショートブーツ 皆足細いし〜 長いし〜

私もミニスカートはきたい!この秋はずっとそう思っていましたが

年齢を考えろ!というパパの一声が私に大きくのしかかっております(笑)

でも 今シーズンは絶対絶対ミニはいてやる〜!と皆を見て心に決めた私なのでした

おほほσ(^-^;)石飛んで来るかも〜 ごめんよー(先にあやまっとこ♪)

さて 前置きが長くなりましたが(笑)

今日のレッスンは今までのようにキレイに歩くだけでなく

最近のコレクションに見られる大胆なポーズを取り入れ崩して歩く事にチャレンジ

流行のスタッズやロックテイストのお洋服にキレイなウォーキングは必要ないもんね

リズムにのってカッコよく歩く!を中級に取り入れたのですが

キレイに歩く がまだまだできないのに崩しのウォーキングは難しい!

ポーズも悪戦苦闘でございましたわね 皆さん(苦笑)

近頃のこの業界はいろんな事がモデル達に求められています

王道のショーウォーキングはもちろんダンスやパフォーマンス などなど

この10年ほどのゆる〜い感じはいったい何だったのか…と思います

プロがプロである事が当たり前の時代が戻って来たって事ですよね

私が現役だった頃 ステージの上で音に合わせて踊れと踊らされました

振り付けの先生が来てパラソルを持ってステップを踏まされたり

サンバを踊りながら歩けと言われたり\xAD\xF4( ̄口 ̄)

スキーやゴルフのウェアを着てのパフォーマンス

和装で振り袖を着てチントンシャンと日本舞踊もどきも踊りました

鳥になったつもり 爬虫類になったつもりでステージを歩けと言われた事もありました

スキップができなくて怒られた事が今もトラウマになっている私

リハーサルの日の帰り 八坂神社の裏手で悲壮な思いでスキップの練習したよ…(涙)

パフォーマンスって やろうと思ってできるモノではなくて

自分の中に経験という引き出しがないと無理

一生懸命引き出しを作っても「私何やってるんやろ〜」って素に戻る(T_T)

今日はレッスン中の皆を見て昔々のフッと素に戻る瞬間が私の中に蘇りました(汗)

私達の時代のステージの流行が全く同じ状況で戻ってくる訳ではないでしょうが

いろんな事を勉強しないといけない時代になってきた事は確かなようです

今日は先日東京に行ったMちゃんが久しぶりにレッスンに参加してくれました

東京の事務所でもレッスンの時間にダンスのレッスンもあり

それこそスキップやステップの練習が取り入れられ

モデルでありながらダンスや演技やお喋りや…

マルチタレント的な要素を身につけるレッスンをしているそうです

東京と大阪では求められるモノは違うかもしれないけれど

ステージの上を手を振って黄色い歓声の中を歩く事は決してないから

モノ言わぬパフォーマーモデルとしての技術を身につけていかないとね…

モデルというのは職人であるとずっと私は思ってきました

努力を積み重ねて自分のモノにしていく専門職

今までのようにお顔がかわいくてスタイルがよければ誰もがモデルになれる

そんな時代はもう終わったという事です

今まで以上に気合いを入れてモデル達を育てて行かなければ!

以上 新幹線の中では書ききれなかったレッスンリポート

長々読んで頂いてありがとうございました(^-^)/
[PR]
by innocent-non | 2009-10-17 12:46