モデルウオーキングスクールINNOCENT主宰宮川真衣の日記


by innocent-non
カレンダー

2005年 08月 31日 ( 1 )

今日は市販されている化粧品が 商品として発売されるまでの間に
繰り返される動物実験についての話を聞きに行ってきました

講師は元某テレビ局の番組制作者 映画監督でもあり
環境問題を取り上げるジャーナリストでもある

日常生活の中にある恐怖 という題名で今年1月
化粧品に使用されている有害化学物質の怖さについてふれましたが
(興味のある人は見てね)

今日は直接自分達の身にふりかかる事ではなく
私達の安全を確認する為に犠牲になっている犬や猫 猿や兎やetc・・・の話

世界でノーアニマルテイスティングが声高に言われている今
私達が使っている商品のほとんどに動物実験が行われている事を
皆さんはご存知ですか?

化粧品や薬品などの日用消耗品のほとんど
子供のオモチャやボールペンにいたるまで・・・
ほとんど全てといっていいほどの商品に動物実験が行われているのだそうです

動物実験という言葉は皆知ってると思うのだけど
それがどれだけの頻度でどんな形で行われているか を
知ってる人は少ないと思う

化粧品やシャンプー等の径皮毒については散々話を聞いてきた
発ガン性がある と指定されている化学物質等が
市販の商品の中にはたくさん入っている

こんなん使って大丈夫なん? 私の最初の疑問

でもこれらの商品は
動物実験をして何も問題のないところまで開発しているので大丈夫

ウサギの皮膚にシャンプーの原液を塗り かぶれていく状況を見たり
ウサギの目に口紅を入れて縫いつけ 目が腐っていく課程を観察したり
話を聞いていて耳を覆い  その映像に目をそむけたくなるような話
(ペット用ノミ取りマットを首にぶらさげ動物実験されてるネコの映像まであった)

命を救う薬を作る為だったとしても 動物実験をする事には抵抗があるのに
キレイになるためだけの化粧品や利便性を追求した商品開発のために
ここまで生き物の命を粗末にする必要があるのですか?

今日の講演でのジャーナリストの言葉がとても心に残っている

プロピレングレコール(PG) ラウリル硫酸ナトリウム(RNA)
安息香酸 タール色素(青色 号赤色 号って書いてある)etc・・・
歯磨き粉 シャンプー ボディシャンプー等
指定成分の表示を確認してみてください

それらの化学物質は発がん性がある と公の場で発表されている物質です
そしてそれらが入っている商品は確実に動物実験が行われています

消費者は商品についてのいろいろを知る権利があるし
怖さを知った私達はそれを知らない人に知らせる義務がある

この問題について私達に何ができるんだろう?
私達が考えた所で何かが変わるんだろうか?

今日は久し振りにブルーな気分になり落ち込んだ私なのでした
 
[PR]
by innocent-non | 2005-08-31 22:38