モデルウオーキングスクールINNOCENT主宰宮川真衣の日記


by innocent-non
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

レッスンリポート2 12・15


朝6時半に家を出て移動に往復約7時間

スタジオ到着後1時間のお昼を間にはさみ3レッスン5時間半…

レッスンをしている時間よりも移動の時間の方が長いんだな~

そりゃあさすがの私もバテまっせヽ(゜▽、゜)ノ

今年最後のレッスンは たくさんのモデルが泣きました

皆いろんな不安を持っているといつもここで書いていますが

基本給もなく 何の保証もない日給月給の日雇い労働者

仕事を取るために毎度毎度のオーディション

モデルはたくさん山のようにいて…

ニューフェイスが次から次に出てきては消えていく

誰かが通ったら誰かが落とされる喰うか喰われるかの世界

いつも輝いていないとすぐに違う誰かに取って代わられてしまうし

乗り越えられる強さがないとこんな仕事はやってられない

どんな仕事もプロになるのは簡単な事ではないと思います

フィギュアスケートグランプリファイナルを見ていて

スケーター達の苦労や努力に比べたらモデル達の苦労なんて

なんぼのもんじゃい!比べモノにならないでしょ

モデルに年齢制限はないけれど旬のモデルとして活躍するには

1日も早く形になって現場に出られるようにならないといけない

事務所がモデルを売り出すには商品として完成してないといけない

イノセントはプロを育てるという信念を持ってレッスンに挑んでます

厳しい事や細かい事を細かく厳しく言っていますが


中途半端な気持ちで通用するほどこの世界甘くないからね

いっぱい泣いていっぱい悩んで成長していきなさい

どんなにキャリアのあるモデル達も通って来た道だから

老体に鞭打ってクタクタのヨレヨレになりながらのレッスン

私も必死ですからね!
[PR]
by innocent-non | 2007-12-16 04:24